スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSNにどうしても繋げたい人(VPNによる接続)

【速報】5/28より日本でもPSN再開



5/20一部訂正
深夜のテンションでよく検証せずに書いた部分がございましたので訂正致します。
だいぶこのページを参考にして下さっている方がいるようなので一応...
ここに書かれていることはすべて自己責任でやってください。お願いします。

接続できないといったコメントをよく見かけますが契約中のプロバイダやネット環境、セキュリティソフトによっては必ずしもこの方法でうまくいくわけではありません。
私はすべてを把握しているわけではございませんので自分で調べて色々と試行錯誤してください。
今後はコメントに対する返信は控えさせていただきますのでご了承ください。(5/21 13時50分)



海外のPSNは復旧しつつありますが日本でのPSN復旧の目処はたっていないようです。

ですが海外アカウントを持っていれば工夫次第でPSNに接続出来ます。

必要な物:

PSNの海外アカウント(前もって作ってないとこの方法は出来ません。ない方は諦めましょう)←なくても大丈夫です!

設定がうまくできていれば新規に海外アカウントが作成できます。

LANケーブル(クロス、ストレートどっちでもおk)

有線LANポートが2つあるPC、もしくは無線環境+無線LAN搭載のノートPC

ググれる程度の能力


PSNサーバへの接続は基本的にグローバルIPとアカウントの地域によって

判別されてるっぽいです。

なので日本国内のグローバルIPを使ってサーバにアクセスしようとすると

当然PSNサーバが復旧していない日本では接続することができません。

また、そのまま海外アカウントで接続した場合もアカウントは海外でも

グローバルIPは日本であるため海外サーバへの接続は弾かれてしまいます。

じゃあどうすりゃいいのよ?

簡単です。要は海外アカウントを持っていてグローバルIPさえ偽装できれば

海外のPSNに接続ができるのです。


グローバルIPの偽装にもいろいろありますがここではVPNによる方法を書いておきます。

VPN?何それおいしいの?って人はググって下さい。

VPNサーバを提供している所は大抵有料です。

割と有名なのでいくとAnonymitynetworkってのがあります。

無料で3時間使えます。ただし一度だけです。一度だけ...3時間過ぎたらもうだめです。グローバルIPが変われば別ですが...

正直これじゃ使いものにならないので色々探しました。

で、見つけたのがこれです。
Bestfreevpn

回線速度はやや遅めですが無料で使えます。また、8時間毎にネットワークパスが変更されますが

8時間連続ゲームする人はただの廃人なので普通の人が使うには十分かと思います。

ネットワークが切れても上記のページをブックマークしておけばすぐにパスを変更して

接続しなおすことができます。

前置きが長くなりましたが設定方法です。

Windows7での設定になりますが基本的なことはXPでも同じです。

分からない人は"WindowsXP PPTP"とかでググってください。

1.コントロールパネルからネットワークと共有センターを開きます。

2.ネットワークの設定変更で新しい接続またはネットワークのセットアップを実行します。

3.職場に接続しますを選択して次へ進みます。
新しい画像


4.いいえ、新しい接続を作成しますを選択して次へ進みます。

5.インターネット接続(VPN)を使用します。を選択します。
新しい画像 (1)

6.インターネットアドレスにBestfreevpnのページにある PPTP Serverを入力します。
接続名は適当に分かりやすいものを、他人がこの接続を使うことを許可するにチェックして次へ進みます。
新しい画像 (2)

7.ユーザ名とパスワードにBestfreevpnのページにある PPTP UsernameとPPTP Passwordをそれぞれ入力します。このパスワードを記憶するにチェックを入れます。
新しい画像 (3)


8.接続を押します。接続が開始されますがスキップして、閉じます。

9.ネットワークと共有センターからアダプターの設定変更にいきます。
新しい画像 (4)

10.先ほど作成したPPTP接続があるので右クリックでプロパティを開きます。
※有線LANのIPが固定IPの場合は自動取得に変更してからこの作業を行ってください。
新しい画像 (5)

11.共有タブを選択し、ネットワークの他のユーザー(ryにチェックします。何か言われたらとりあえずOKで。
ホームネットワーク接続で有線LANの接続名を選択します。設定を開いて全部にチェックします。終わったらOKで閉じます。
新しい画像 (6)

※プロパティのところでセキュリティタブからVPNの種類を自動からPPTPにすると若干接続までの時間が早くなります。

12.再びVPN接続を右クリックし接続します。何か出るので接続ボタンを押します。
新しい画像 (7)

13.設定が間違っていなければLANモニタに接続済みと表示されるはずです。
新しい画像 (8)

※接続が切れてネットワークパスが変更された場合は12の画面でパスワードを打ち直して下さい。

14.PS3のLANポートとPCの有線LANポートをLANケーブルで接続してPS3を起動します。

15.海外アカウントでログインすればPSNに接続できるはずです。
※PS3のネットワーク設定はかんたんにしてIPの取得等は自動になっていることが前提です。
何か設定している方は設定を見直してください。


追記(海外アカウントをお持ちでない方)
16.PS3にて新しいユーザの作成を行います。作成したアカウントでログインし、
PSNにサインアップを実行します。VPNがうまく機能していれば、「PSNへようこそ」
画面が表示され、新しいアカウントの作成が行えます。
あとは新しいアカウントの作成から海外アカウントの作成を行えば無事にPSNへ接続可能になります。
海外アカウントの作成方法はここでは割愛しますが"PS3 北米アカウント"等のキーワードで検索すれば
詳しく解説されているページがあるかと思います。


以上ぐだぐだと書きましたが海外アカウントを持っいる場合のVPNによるPSNへの接続方法でした。

日本のPSN復旧まで待ちきれないという方がいらっしゃいましたらお試しください。

補足

VPNのイメージとしては自分のPCからインターネットを通して目的の場所に行く際に

ワンクッション経由してく形になります。なので当然回線速度も落ちます。

VPN接続中は回線速度が落ちるのでVPN接続したPCでSkype等を立ち上げることはおすすめしません。

やるなら、VPN接続していない別のPCを用意し、そちらで利用するようにしましょう。

PSN初回接続時にはパスワード変更を促されサインインできません。

この操作が行われたあと自動でアカウント登録時に設定したメールアドレスにPSNのパスワード変更

のメールが届きますのでメールのリンクからパスワードの変更を行ってください。

例によって日本国内のグローバルIPだとこのリンク先でも弾かれますのでプロキシ設定をしたほうがいいです。

設定が面倒なのでプロキシCGIが設置してあるサイトを使うのがいいでしょう。

CGIサイトも色々ありますが、実際に使えたものを紹介しておきます。

http://www.myspaceproxy.nu/

ページ中央のWebAdressにメールに送られてきたURLをコピペしてBrowsボタンを押せばOKです。
※MoreOptionでRemove client-side scripting (i.e JavaScript)のチェックは外しておきましょう。


面倒な方は新しくPSNアカウントを作った方がいいかもしれません。

あくまで上記の方法は私がやってうまくいった例ですが人によってはうまくいかないかもしれません。

また、他にもっと良い方法があるかもしれません。

そんなときは私ではなくgoogle先生に頼ってみることお勧めします。先生はなんでも知ってます。


最後に日本のPSNの早期復旧を願って終わりたいと思います。

早くアドパやりたいです^q^
スポンサーサイト
プロフィール

KYO

Author:KYO
社畜1年目。
学生時代ロボットばっかり弄ってた人
TwitterID:kyo2001←PSIDも同じ
ACVでエンブ作ったりしてます。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。